Windows講座

Microsoft Storeでエラーコード0x00000000が出るときの対処方法【Windowsのよくある質問】

Microsoft Storeを使っていると予期せぬエラーが発生することもあります。そこで今回はその中からエラーコード0x00000000の詳細をご説明しようと思います。

 

0x00000000とは?

Microsoft Storeのエラーコード「0x00000000」はインターネット接続に問題がある場合またはコンポーネントが不足している場合に発生する問題です。

 

0x00000000の対処方法

Microsoft Storeで0x00000000が発生した場合の対処方法は以下の通りです。

 

1.何はともあれ再起動

Windowsの不具合に遭遇したときはまずは再起動を試してみてください。

 

2.プロキシを無効にする

  1. [検索バー]をクリックしてinetcpl.cpl入力し、Enterキーを押します。これにより、[インターネットオプション]ウィンドウが開きます。
  2. 接続タブをクリックしてLANの設定を選びます
  3. LANにプロキシサーバーを使用する]の横にあるチェックを外します(これらの設定は、ダイヤルアップ接続またはVPN接続には適用されません)。 [OK]をクリックします。
  4. Microsoft ストアを再度起動し、問題が解決するかどうかを確認します。

3.Mcrosoft Storeを修復する

  1. [スタート]を右クリックしてPowerShell(管理者権限)と入力し、Enterキーを押し ます。
  2. 次の文章をコピーしてPowershellにコピペします。 Get-AppxPackage | % { Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppxManifest.xml" -verbose }をPowershellにペーストし、Enterキーを押します。
  3. デバイスを再起動し、Windowsストアを再度起動します。

Get-AppxPackage | % { Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppxManifest.xml" -verbose }

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows講座
-, , , , ,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5