Windows講座

Windows10のタスクバーでアイコンが表示されない時の修正方法【Windows講座】

更新日:

image

 

スタートメニューとタスクバーはWindows10のすべてです。 これらが機能しなくなるとユーザーは非常にやっかいな問題を抱えることになります。 あなたのPC上で新しく何かをすることは殆ど不可能になり、あなたの作業効率は遅れが生じてしまうかもしれません。

 

Windows10でスタートボタンが復活し、多くの人は関係しましたが不具合がないわけではありません。 いくつかの診断テストを行い修正を行いましょう。

 

1.システムファイルチェックを行う

image

システムファイルチェッカー(SFC)はWindowsに搭載されているユーティリティで、OSの破損ファイルを検出できます。 このツールはWindows98以降で利用できます。 これは問題を発見し、Windowsが破損しているかを調べるのに便利です。

 

これを実行すると下記のいずれかのメッセージが表示されます。

 

  • Windowsで整合性違反が見つかりませんでした
  • Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかって修復されました
  • Windowsリソース保護で破損したファイルが見つかりましたが、一部のファイル(またはすべて)を修復できませんでした

 

手順:

  1. スタートボタンを右クリックしてPower Shell(管理者)を選びます。(もしもスタートボタンもない場合はWin+Rを押してダイアログボックスにtaskmgrと入力し、タスクマネージャーを起動してからタスクマネージャーのファイル>タスクを実行でPowershellと入力し、管理者権限で実行してください)
  2. Powershellが起動したら、「sfc /scannow」と入力してEnterを押します。 このプロセスはWindowsシステムファイル全体をスキャンし、壊れたフェーズがないか確認するため時間がかかります。
  3. もしエラーを見つけたが修正されない場合は「DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」と入力しEnterを押してください。 これはWindowsの更新サーバーから破損ファイルをダウンロードし置き換えてくれます。 インターネット通信を使って取得するため時間がかかる場合があります。 また途中でキャンセルは行わないでください。

 

この作業を実行した後コンピュータを再起動してタスクバーが機能するか確認してください。

 

2.Windowsアプリケーションの再インストール

Windowsアプリケーションの多くは設定からアンインストールが出来ますが、標準アプリはその限りではありません。

次の操作を実行してください。

 

スタートボタンを右クリックしてPower Shell(管理者)を選びます。(もしもスタートボタンもない場合はWin+Rを押してダイアログボックスにtaskmgrと入力し、タスクマネージャーを起動してからタスクマネージャーのファイル>タスクを実行でPowershellと入力し、管理者権限で実行してください)

Powershell以外のアプリが起動していないの確認し、下記のコマンドを入力してください。 Windowsアプリケーションが再インストールされます。

 

Get-AppxPackage -AllUsers| Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register“$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml”}

 

作業が終わったら再起動して機能するか確認してください。

 

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows講座

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.