Windows:PC

超薄い!どこでも繋がる!「Surface Pro X SQ2版」レビュー。

 

マイクロソフトのちょっと変わったフラッグシップ2in1 PC、Surface Pro Xの2020年モデルを借りる機会がありましたので、今回はSurface Pro Xのレビューを書いていきたいと思います。

・当サイトは、日本マイクロソフトより、商品を貸し出していただき、本レビューを執筆しています。
・当サイトは、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

Surface Pro Xとは

Surface Pro Xはマイクロソフト初のARMプロセッサ搭載のSurfaceです。ARMはスマートフォンに使われているプロセッサで、PC向けのプロセッサとは全く別の種類ではあるものの、低電力で動作するため長時間利用出来るというメリットがあります。

Surface Pro Xは従来のSurfaceよりも薄く、コンパクトでどこでもインターネットが繋がるという新しいコンセプトのSurfaceです。

 

Surface Pro Xのスペック

ユーザーのシナリオオフィスにいないときの作業と接続、ブラウジング、画面上のスケッチ、Netflix のストリーミングのための究極のモビリティ。
寸法287 mm × 208 mm × 7.3 mm (11.3 インチ  × 8.2 インチ × 0.28 インチ)
ディスプレイスクリーン: 13 インチ PixelSense™ ディスプレイ

解像度: 2880 × 1920 (267 PPI)

縦横比: 3:2

タッチ: 10 点マルチタッチ

メモリ8 GB または 16 GB (LPDDR4x) RAM
プロセッサMicrosoft SQ® 1
Microsoft SQ® 2
バッテリー駆動時間1通常のデバイス使用方法で最長 15 時間1
グラフィックスMicrosoft SQ® 1 Adreno™ 685 GPU
Microsoft SQ® 2 Adreno™ 690 GPU
ストレージ容量5SSD (取り外し可能なソリッド ステート ドライブ)のオプション: 128、256、または 512 GB
外部端子USB-C® × 2

Surface Connect ポート × 1

Surface キーボードポート

nano SIM × 1

Surface Dial のオフ スクリーン操作に対応*

セキュリティエンタープライズ クラスのセキュリティと BitLocker サポート用のファームウェア TPM チップ

Windows Hello 顔認証サインインによるエンタープライズ クラスのセキュリティ

カメラ、ビデオ、オーディオWindows Hello 顔認証用カメラ (前面)

5.0 MP フロント カメラ (1080p フル HD ビデオ)

10.0 MP オートフォーカス機能付きリア カメラ (1080p HD および 4K ビデオ)

デュアル遠距離感度マイク

Dolby® Audio™ サウンド 搭載 2W ステレオ スピーカー

ソフトウェアWindows 10 Home (ARM4)

Office Home and Business 2019

ワイヤレスWi-Fi 5: 802.11Ac 互換性あり

Bluetooth 5.0 ワイヤレス テクノロジー

Qualcomm® Snapdragon™ X24 LTE モデム

最大ギガビットの LTE Advanced Pro3、nanoSIM および eSIM をサポート。サポートされる LTE バンド:1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 46, 66

アシストされた GPS および GLONASS のサポート

センサー加速度計

ジャイロスコープ

磁力計センサー

環境光センサー

外形ケース: カーボン コンポジット ファンレス熱冷却機能を備えた、シグネチャ陽極酸化アルミニウム

色: マットブラック、プラチナ6

ボタン:音量、電源

同梱物Surface Pro X

電源アダプター

SIM カード アクセス ツール

クイック スタート ガイド

安全性および保証に関するドキュメント

保証1 年間のハードウェア保証
重量2 (キーボードは含みません*)774g (1.7 ポンド)

 

Surface Pro Xの魅力

想像以上に高速なMicrosoft SQ2

Surface Pro X 2020年モデルの特徴といえば、やはりマイクロソフトの独自カスタムARMプロセッサ、Microsoft SQ2が搭載されていること。従来のプロセッサよりも高速なパフォーマンスと長時間バッテリーを実現しています。

 

バッテリーめっちゃ持つ

Surface Pro XはARM搭載なので薄型ボディであるにもかかわらず15時間のバッテリーライフを実現しています。これはARMプロセッサを搭載したことによって実現できてることなのでSurface Pro Xならではではないでしょうか。

 

キータッチが気持ちいい

Surfaceシリーズはキーボードが打ちやすい、トラックパッドの感度が良いことでも定評がありますが、Surface Pro Xも同様に使い勝手がいいキーボードが採用されています。なんとなく打ちやすく感じるのは今まで使ってたSurfaceがヘタってきてたのか、それとも改良されたのかは謎です。

 

キーボードにペンがしまえるありがたさ

従来のSurface PenはSurfaceの左右に強力な磁石でくっつくというものでした。これはこれでいいのですが、カバンに入れたりしているとペンが他のものに当たって取れてしまうことがありません。しかしSurface Pro Xならキーボードの上部にペンをしまうことができるのでどこに持ち歩いていてもペンをなくす心配はありません。

 

eSIMでどこでもインターネット

Surface Pro XはなんとeSIM対応。契約さえすればSurface Pro XでモバイルルーターやWi-Fiがなくともインターネットを常につないでいることができます。最近は格安eSIMもいろいろ出てきていますし、インターネットに接続しやすいのはありがたいですね。

 

Surface Pro X まとめ

想像以上にぬるぬる動いてびっくりした今回のSurface Pro X。Microsoft Edgeでインターネットを見る分には今までで一番快適なSurfaceだったように感じました!X64アプリの互換性などはレビュー時現在はまだ利用できませんでしたが、私の利用範囲では特に問題なく利用できたこのSurface Pro X。ディスプレイの美しさ、バッテリー持ち、そしてLTE、薄さなどほかのモデルにはない魅力もたくさんありますので、最新の尖ったSurfaceが欲しい方におすすめです。

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows:PC
-, ,