Windows:PC

Surface Pro X、ビデオチャットで目が常に合うようにAI補正する機能を追加。

マイクロソフトはSurface Pro X向けの新機能としてアイコンタクト機能を発表しました。この機能はAIチップを使うことで、画面を見ていてもカメラをまっすぐ見ているようにAIで目線を修正してくれます。

 

目線を修正

この機能はビデオチャットで画面を見ていてもカメラを見ているように補正してくれる機能で、人工知能とオンボードニューラルネットワークアクセラレーターを使うことで、視線を補正します。なおSurface Pro Xが縦向きの場合は動作しないようです。

 

利用方法

Surface Pro XがWindows 10 May 2019 Update以上にアップデートされており、2020年8月14日のSurface Pro Xファームウェアインストールしていると利用することが出来ます。この機能はMicrosoft SQ1プロセッサーのAI機能を使うため、一般のWindows 10では現時点ではリリースされる予定はありません。

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows:PC
-,

© 2020 WPTeq