Windows

Windows 11 エクスプローラーの新しいタブ機能はRAM使用量軽減に繋がる。

Windows 11は2022年秋の大型アップデート、Sun Valley 2でファイルエクスプローラーのタブ機能をサポートします。これによりインターネットブラウザーのように今まで複数のウィンドウを開いていた作業が複数のタブで簡単に切り替えることが出来るようになります。

新しいタブ機能はRAMメモリ使用量を減らす

現在Windows Insiderベータ版、開発チャネルで新しいタブ機能がテストされています。このタブ機能をWindows Latestが調査したところ、新しいタブを開いても既存のファイルエクスプローラーは数MBしかRAMを追加で消費しなかったとのこと。

RAMメモリー使用量が減ればPCのパフォーマンスの向上、バッテリー持ちの改善などに繋がります。

Windows 11 SunValley 2とは

2022年秋頃に配信予定の大型アップデートです。

主な変更点

  • Windows エクスプローラーの改良 - タブ機能追加、ユーザーインターフェイス改良
  • タスクバーのドラッグアンドドロップサポート
  • スタートメニューの改善 - おすすめのピン留め、グループ機能
  • Windows Subsystem for Android の改良
  • タスクビュー、スナップアシストの改良
  • タスクバーウィジェットの改良
  • タスクマネージャーの再設計 - 見やすく効率的に
  • DRRの改良、OfficeやEdgeで画面スクロール時のみ120Hzに
  • その他ユーザーインターフェイスの改善、バグ修正などが含まれます。

--

 

-Windows
-, , , ,