Windows

Windows 11最小動作要件はかなり引き上げに!TPM 2.0、DirectX12が必須へ。

マイクロソフトはWindows 11の動作要件を公開しました。それによると、Windows 11の動作要件はかなり引き上げとなっているようです。

システムの最小要件が大幅に引き上げに

Windows 10Windows 11
プロセッサ1GHz以上のプロセッサまたはSoC1GHz、2コア、64bitまたはSoC
RAM32bitの場合は1GB/64bitの場合は2GB4GB以上
ストレージ32bitの場合は16GB/64bitの場合20GB64GB以上
システムファームウェア指定なしUEFI、セキュアブート対応
TPM指定なしTPM 2.0必須
グラフィックスカードDirectX 9 以上(WDDM 1.0 Driver)DirectX 12 以上(WDDM 2.0 Driver)
ディスプレイ800x6009インチ以上/8bit/720p以上
ネットワークとMSアカウント任意MSアカウントとネットワーク接続必須

TPM 2.0対応が大きな壁か

上記のスペックは最新のデスクトップPCであれば大きく問題になることはないかもしれませんが、数年前の自作PCなどではセキュリティ機能であるTPMが搭載されていないことも多く、アップグレードを妨げる要因になる可能性があります。

ここ2,3年のプロセッサであれば、CPUにTPMの機能が搭載されているためBIOSで有効にさえなっていればTPMの機能が利用できる可能性があります。

Windows 11が利用可能か調べる

マイクロソフトはWindows 11の動作確認ツールを提供しており、これを実行することでPCがWindows 11の実行の準備が出来ているか調べることが出来ます。

Windows 11 動作確認ツール(無料)をダウンロード

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11-specifications
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11-specifications

www.microsoft.com

MBRからGPTディスクに変換する

MBRディスクになっている場合でもGPTディスクに変換することが出来ます。Windowsのディスク管理ツールを使って変換するか、EaseUS Partition Masterなどのツールを利用することで変換できます。

無料でMBRディスクからGPTディスクに変換する3つの方法
無料でMBRディスクからGPTディスクに変換する3つの方法

MBRディスクと比べて、GPTディスクのサイズはずっと大きいです。GPTディスクのパーティション数は、MBR Exten ...

jp.easeus.com

UEFIとBIOS:確認の方法と違いについて

UEFIとBIOSの違いについてわかりやすい記事がございましたので、ご紹介いたします。

UEFIとBIOS:確認の方法と違い完全解説
UEFIとBIOS:確認の方法と違い完全解説

UEFI、BIOS余は何ですか?UEFIとBIOSの違いを知っていますか。確認の方法と設定の方法は何ですか?本文では、こ ...

jp.easeus.com

created by Rinker
マイクロソフト
¥26,332 (2021/07/27 06:07:19時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-