Windows

Windows 10 Insider21H1 KB5001391で発生したBSOD不具合が修正。【BAD_POOL_CALLER】

Windows 10は2021年5月のアップデートで一部の環境、主にIntel Rapid Storage Technologyドライバーを使用している環境でシステムをクラッシュする不具合が発生していました。最近のアップデートでこれが修正されたようです。

不具合の内容

Intel Rapid Storage Technology ドライバー環境で、Windows 10 21 H1のKB5001391をインストールした後にブルースクリーン『BAD_POOL_CALLER』が発生する。

なおこの不具合は、Windows Insiderビルドでのみ提供されている環境で不具合が発生したと報告されているため、一般のユーザーであれば遭遇していないと思われます。

修正済み

マイクロソフトは最新のアップデートでこの不具合を修正していると発表しました。

IOCTL_SCSI_PASS_THROUGH_DIRECTを使用すると、0xC2(BAD_POOL_CALLER)のバグチェックが発生する問題を修正しました。

またこれに合わせてオーディオドライバーの問題も修正しており、より多くの人がWindows 10 21H1にアップグレード出来るようになります。

Releasing Windows 10 Build 19043.964 (21H1) to Beta & Release Preview Channels | Windows Insider Blog
Releasing Windows 10 Build 19043.964 (21H1) to Beta & Release Preview Channels | Windows Insider Blog

Hello Windows Insiders, today we’re releasing 21H1 Build 190 ...

blogs.windows.com

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-, , , , , ,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5