Windows

Microsoft Defender、数千のファイルを生産するバグを修正。

ユーザーレポートとテスト報告によると、Microsoft DefenderはWindows 10のシステムドライブに数千ものファイルをドロップする不具合があるようです。この問題はMicrosoft Defenderの更新の誤りが原因であると言われています。

4月のアップデートでトラブルが発生

Microsoft Defender ウィルス対策は、全てのバージョンのWindows 10にプリインストールされているウィルス対策ソフトウェアです。Windows Updateを通して定期的にアップデートされ、業界最高峰クラスのセキュリティ性能を誇ります。

4月の最後の週に配信されたMicrosoft Defenderのアップデートでは、システムドライブに数千の無駄なファイルを生産することがあることがわかりました。

これはMicrosoft Defenderの履歴フォルダ (C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Scans\History\Store) に生産され、無害であるもののファイルスペースを占有することがあります。

最新バージョンで修正済み

このアップデートはMicrosoft Defende 1.1.18100.6で修正されています。そのため、Windows Updateで最新のMicrosoft Defenderウィルス対策セキュリティインテリジェンスアップデートを適用すると解決されます。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5