Windows

Windows 10 KB5001330で一部ユーザーから不具合報告、FPSドロップやアップデート失敗など。

Windows 10の一部の環境で『KB5001330』により、インストールやパフォーマンス、ユーザープロファイルの不具合が発生している可能性があります。

Windows 10 KB5001330について

Windows 10 KB5001330は2021年4月にリリースされたWindows 10の必須セキュリティ更新プログラムです。プリンターの不具合など多くの問題が修正されます。

不具合報告

いくつかの不具合報告によると、以下のような問題がある可能性があります。

アップデートに失敗する

以下のエラーメッセージにより、Windows Updateが失敗する可能性があります。

  • 0x800f081f
  • 0x800f0984
  • 0x800f0922

これはSurface Pro 7やSurface Studio 2などでも発生すると報告されているとのこと。

ユーザープロファイルのバグ

昨年12月に最後に報告されたユーザープロファイルの不具合も復活している可能性があります。これはユーザープロファイルの読み込みに失敗し、ユーザーファイルとWindowsの設定が消える可能性があるというものです。

FPSドロップやBSoDなどの不具合

ゲームなどのフレームレートの低下、グラフィックスの途切れ、ブルースクリーンオブデスといった報告があります。アップデートの途中でWindows 10は『ドライバーが存在しないか、サポートされなくなった』というメッセージを受け取っていたとのこと。

Windows 10KB5001330の問題を修正する方法

パッチを削除するのは以下の方法です。

  1. 設定アプリを開きます。
  2. [更新とセキュリティ]をクリックします。
  3. [Windows Update]をクリックします
  4. [更新履歴の表示]をクリックします。
  5. [アップデートのアンインストール]をクリックし、KB5001330を選択してアンインストールします。
  6. 再起動
Windows 10 KB5001330 issues: FPS drop, system crashes
Windows 10 KB5001330 issues: FPS drop, system crashes

Some configurations of Windows 10 are encountering more seri ...

www.windowslatest.com

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,