Windows

Google Chrome、RAM使用量削減に向けて新しい試みを試しています。

Google ChromeはWindowsで最も人気のあるブラウザーですが、同時にRAMを大量に消費するブラウザーとして知られています。Googleは6月にMicrosoft EdgeのセグメントディープテクノロジーをGoogle Chromeに搭載することでRAMの使用量を1/3にしようとしていると報告していましたが、Googleは開発中にブラウザーが不安定になったため、マイクロソフトと同じアプローチを断念しました。

Googleは代わりにWindows 10のTerminate Process APIを活用することで、ブラウザープロセスを抑えるアプローチを試しているようです。

 

Terminate Process APIでChromeが変わるかも

Googleは次のように説明しています。

プロセスをクリーンに終了することは難しく、費用もかかります。競合状態を回避することは複雑なソフトウェアではほとんど不可能で、クリーンな終了は非常に遅くなります。すべてのスレッドでの待ち時間、コードやデータのページング、競合状態は、それを価値のないものにしてしまいます。

私たちは、より多くのプロセスタイプのためにTerminateProcessを使用する方向に徐々に移行してきました。このバグによって追跡されるシャットダウンプロセスの大部分はユーティリティプロセスにありますが、この変更ではすべてのプロセスタイプにTerminateProcessを使用しています。デストラクタを実行させる必要はないので、決して exit() を使用しないことが安全であるべきです (あるいは、オプトインにすることも可能です)。

 

実現するとRAM使用量が減るかもしれない

この技術を使うと、今までGoogle Chromeで存在していたタブを複数閉じたとしてもRAMの使用量が変わらないという問題を防ぐことができます。Chromeの開発チームはTerminate Processと新しい方法に徐々に移行しているため、時間とともにブラウザーのRAMの使用量が少なくなるはずです。

これはネット上のミームが最終的になくなることが期待されます。

 

created by Rinker
SEAGATE
¥37,054 (2021/10/16 16:58:49時点 Amazon調べ-詳細)
https://chromium-review.googlesource.com/c/chromium/src/+/2598043
https://chromium-review.googlesource.com/c/chromium/src/+/2598043

chromium-review.googlesource.com

-Windows
-,