Windows

マイクロソフト、「Internet Explorer」での人気サイトの利用を禁止に。

MicrosoftはInternet ExplorerでYouTubeやTwitterなどの人気Webサイトを閲覧することは望んでいません。最近の変更では、Windows 10でInternet Explorerを使ってTwitterなどのWebサイトを開くとすぐにMicrosoft Edgeにリダイレクトされるように変更されました。

 

対応していない多くのWebサイト

Internet Explorerは2013年にリリースされたInternet Explorer 11を最後にメジャーアップデートは行われておらず、現在は後継ブラウザーであるMicrosoft Edgeの利用が推奨されています。そのためマイクロソフトはこの古いブラウザーを使ってインターネットを閲覧することを望んでおらず、1000を超える人気WebサイトをInternet Explorer上で利用出来なくしました。

Internet ExplorerでYouTubeなどを開くと、自動的にMicrosoft Edgeを開くようになっています。なおInternet Explorerしか互換性がないWebサイトを閲覧する場合は、EdgeはInternet Explorerモードで動作する機能を搭載しています。

 

新しいグループポリシー

どうしてもInternet Explorerを使い続ける必要がある場合は、Microsoftは強制リダイレクト無効化に関する新しいグループポリシーも公開しています。企業でInternet Explorerを使うのが必須の場合はこのグループポリシーを有効にして下さい。

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5