Windows

Microsoft Edge、Google Chromeから順調にシェアを奪う。

MicrosoftがオープンソースのChromiumプラットフォームを採用したMicrosoft Edgeをリリースして以来、Microsoft Edgeはユーザーを大幅に獲得しています。

 

順調な増加

NetmarketShareは特定のWebサイトにアクセスしたデバイスを記録し、データを公開しています。インターネットの大きさを考えると正確なブラウザ市場シェアではないかもしれませんが、このシェアレポートでは興味深い結果が出ています。

2020年10月の市場シェアレポートでは、デスクトップ市場においてMicrosoft Edgeは10.22%になりました。9月が8.84%だったことを考えると、大幅な増加といえます。

Google Chromeは依然としてMicrosoft Edgeを大幅に引き離しリードを譲る気配はありませんが、9月は69.94%だったのに対し10月は69.25%とシェアを落としています。

 

Chromeユーザーもほぼ満足するであろうMicrosoft Edge

一部のGoogle連携機能とサービスを除いてほぼすべてのGoogle Chromeの機能がMicrosoft Edgeには存在します。またWindowsへの最適化、軽量化、独自のカスタマイズが行われており、人によってChromeよりもEdgeの方が使いやすいと感じるかも知れません。

 

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5