Windows

Windows 10なら無料ウィルス対策ソフトで十分な5つの理由。

ただより高いものはないという言葉がありますが、ウィルス対策ソフトの場合はどうでしょうか。きちんとソフトを購入する必要があるのでしょうか。WPTeqは無料ソフトウェアを推奨しています。

ウィルス対策の概念が誕生して以来、ノートンやマカフィー、トレンドマイクロなどの多くのブランドがウィルス対策ソフトを販売してきました。しかし現在は高レベルなウィルス対策ソフトが無料で利用することが出来ます。

 

Windows 10にはウィルス対策ソフトが初めからある

Windows 10を利用している場合、高度なウィルス対策ソフト「Microsoft Defenderウィルス対策」が無料で利用出来ます。これは高度な脅威保護(ATP)であり、追加でお金を払うことなく、ディープラーニング、ビッグデータ分析、詳細な脅威の研究に基づく保護にアクセスできます。マルウェアとして検出されなくとも、危険性があるとソフトウェアが判断した場合ブロックすることも出来ます。

Microsoft Defender ウィルス対策はWindows Updateを通して常に最新のバージョンに更新されるため、ウィルスの定義データを新しくするために面倒な操作は不要です。

 

技術者が評価している

では無料のウィルス対策ソフトの性能は十分ですか?テクノロジーの専門家の声に耳を傾けてください。Microsoft Defender ウィルス対策は無料でありながらも高い評価を受けており、専門家による調査で最も安全なウィルス対策ソフトの1つであると評価され続けています。

 

PCを遅くしない

無料ソフトウェアは機能がシンプルであるため、無駄な動作が少ないということです。つまり他のタスクの邪魔をしたり、通常よりもバッテリー消費が多くなることは少ないです。

Microsoft Defender ウィルス対策の場合、クイックスキャン機能でコアファイルをスキャンして僅かな時間でウィルスを検出することが可能ですし、自動スキャンはパソコンの操作が行われていないタイミングで実行されます。

もちろんリアルタイム保護もサポートされており、不自然なデータを検出した場合すぐに調査結果が表示されます。

 

何よりもシンプル

ウィルス対策の細かい設定を眺めて変更するのが好きではない場合、高機能で様々なシーンに対応するためのオプションがもりだくさんの有料ソフトウェアは必要ありません。

リアルタイム保護、ファイアウォールのようなシンプルな機能をオン・オフするだけで使えるシンプルなソフトウェアであれば、子どもから大人まで誰もが使いやすいものです。

 

誤検出が少ない

サードパーティのウィルス対策ソフトの欠点は、過剰なウィルス検出が行われることが少なからずあるということです。問題のないファイルのダウンロードの度に誤った脅威を検出する場合、ユーザーはストレスを感じることになります。

場合によってはWindows UpdateやドライバーなどのWindowsのコア機能をブロックし、PCを使用できなくするといった不具合を引き起こす可能性があります。

その点十分に最新のWindows 10でテストされたMicrosoft Defender ウィルス対策のようなソフトウェアであれば、こういった問題が発生する可能性は限りなく低くなります。

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,