Windows

Lenovo PC、Windows 10 2020年8月の累積的アップデートでブルースクリーンの恐れがあります。

LenovoはWindows 10 August 2020 Updateで一部のThink Padユーザーがブルースクリーンを引き起こす可能性があるという警告を公開しました。

 

ブルースクリーンの恐れ

レノボによると次のような問題があるようです。

Windows 10 バージョン 2004 の 2020 年 8 月累積更新プログラムをインストールした後、ユーザーは以下の症状の 1 つ以上に気づくことがあります。

  • 起動時のブルースクリーンオブデス (BSoD)
  • レノボ Lenovo Vantage起動時にブルースクリーンオブデス (BSoD)
  • Windows Defenderのスキャン実行時の死のブルースクリーン(BSoD)
  • Windows Helloで顔認証を使ったログインできない
  • Intel管理エンジンに関連するデバイス・マネージャーのエラー
  • IRカメラに関連するデバイスマネージャのエラー

 

BIOSが原因

これはWindows Updateにより、セキュリティ機能が強化されたことでBIOSと競合している可能性があります。BIOS側の設定で、BIOSセットアップ>セキュリティ>仮想化メニューを無効化することで不具合は軽減できます。なお、LenovoによるとWindows Enhanced 生体認証は現在実装されていないため、このBIOSメニューを無効化しても影響はありません。

 

created by Rinker
イマジニア
¥5,573 (2020/09/28 13:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , ,

© 2020 WPTeq