Windows

Google Chrome、Windows版のパフォーマンス改善を約束。

GoogleはGoogle Chromeにプロファイルガイド最適化機能(PGO)の導入で、ブラウザーが大幅に高速化すると述べています。

 

簡素化されたプロファイルガイド付き最適化機能について

"簡略化されたプロファイル ガイド最適化(PGO)は、コードの中で最もパフォーマンスが重要な部分を高速に実行できるようにするコンパイラ最適化技術です。PGO は、世界中の Chrome ユーザーのワークフローと一致する実際の使用シナリオを使用するため、最も一般的なタスクに優先順位をつけて高速化を図ることができます。"

タブ スロットリングについては、使用中のタブに多くのリソースをプッシュする一方で、バックグラウンド タブのリソースを減らすことができます。Googleによると、この機能はメモリの節約、バッテリーの改善、パフォーマンスの向上を約束しています。しかし、同社はこの機能がいつ利用可能になるかについてはまだ確認していない。

 

Microsoft Edgeにも間接的に影響?

Microsoft Edgeは現在Chromiumを採用しているため、Google Chromeの改善がEdgeでも利用出来るようになる可能性があります。

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-

© 2020 WPTeq