Windows

Windows 10 20H2、アップデートは非常に高速に行えるらしい。

Windows Updateは多くの人が嫌う機能です。アップデートはセキュリティや機能の向上、バグ修正など多くをもたらすため無視すべきではありませんが、アップデートに時間がかかることもあるためです。マイクロソフトはこの問題を認識しており、ユーザーエクスペリエンスを向上させる仕組みを準備しているようです。

 

スイッチで切り替えるように

今回のWindows 10 20H2は比較的変更内容が少ないアップデートになります。そのため開発は既にほぼ終わっており、現在バグ修正をInsiderプログラムを通して行っている状態です。

マイクロソフトによるとWindows 10 20H1(May 2020 Update)を適用している場合、アップデートは驚くほど高速になると説明しています。今回のアップデートは毎月のアップデートで多くの機能が事前にダウンロードされており、アップデートを実行すると有効ボタンを押すかのように切り替える仕組みとなっているようです。

つまり、Windows 10 20H1を導入済みで毎月の更新プログラムをきちんとインストールしている場合のみ、非常に高速なアップデートが可能になります。

 

Windows 10 20H2について

Windows 10 20H2は新しいデザインのスタートメニュー、Alt+TabにEdgeのタブの追加、タスクバーへのWebサイトのピン止めなどの機能が追加されます。

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

© 2020 WPTeq