Windows

MS、Windows Update後のパフォーマンスの問題を調査中【KB4559309】

自動アップデートであるWindows 10 KB4559309をインストールした後Windows 10 PCの起動が遅くなったという一部のユーザーからの不具合報告を受けて、マイクロソフトは調査を開始しています。

 

不具合の内容について

この不具合は6月に最初に報告されて以来、多くの人がフォーラムで報告していました。不具合は起動時間が遅くなることに加えて、Windows 10でアプリやWebページを読み込むのも遅くなると感じる人がいるようです。

KB4559309は古いMicrosoft Edgeを新しいChromiumベースのMicrosoft Edgeに置き換えるためのアップデートパッチですが、更新プロセスの何かがインストール後Windows 10のパフォーマンスを低下させている可能性があります。

 

Windows 10 KB4559309のインストールを防ぐ方法

このアップデートは自動更新プログラムであり、更新を回避することは原則できません。もしも問題があるのであれば、システム復元機能を使ってアップデートを元に戻す必要があります。

まだ更新プログラムをインストールしていない場合、手動でChromium版Microsoft Edgeをインストールしておけば、Windows 10 KB4559309のインストールは行われません。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , ,

© 2020 WPTeq