Windows

Windows 10、GPUドライバーのクラッシュ情報を収集へ。

Windows 10は一定の間隔で大幅に更新され、Windows Updateの更新によって一部のドライバーは修正が必要となることがあります。マイクロソフトはドライバーの問題によってWindows Updateの提供を一部の機種では制限するようにしていますが、一方でドライバーの品質改善のために取り組んでいます。

 

ドライバーで問題が出ることも

Windows Updateで発生する不具合の多くは、ドライバーに起因する問題が多くあります。特にグラフィックスドライバーによる不具合は、PCに壊滅的な問題を引き起こす可能性があります。

 

不具合を回避するための取り組み

マイクロソフトは3つの新しい対策を準備しています。1つはGPUドライバーの更新後のパフォーマンスとクラッシュのデータを収集し、別のポリシーはドライバーのロールバックを調べます。

2つ目はグラフィックスドライバーが原因でMicrosoft Edgeがクラッシュされた場合、そのドライバーは低品質なものであると判断されます。

そして3つ目にSkypeやTeams、Discover、Teamviewer、Slack、Zoomなどのコミュニケーションアプリやコラボレーションアプリについてもクラッシュ回数が調べられます。

 

ドライバーの自動ロールバック

グラフィックスドライバーが安定しない場合、マイクロソフトは別のドライバーへのインストールを試みるなどの措置を検討しているようです。

 

created by Rinker
日本マイクロソフト
¥57,800 (2020/09/18 20:55:31時点 Amazon調べ-詳細)
Windows 10 to get better at coping with GPU driver clashes
Windows 10 to get better at coping with GPU driver clashes

Windows 10 as a service is updated frequently and feature up ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

© 2020 WPTeq