Windows

Windows 10 May 2020 Update、古いドライバーがあるとブルースクリーンになる可能性あり。

マイクロソフトはWindows 10 May 2020 Updateを一部のパソコンに展開を開始しました。配信が開始されているパソコンは、マイクロソフトが必要なドライバーや性能をそろえていると認識しているパソコンのことです。強制的にアップグレードすることも可能ですが、アップグレード後に不具合が発生する可能性があります。

古いドライバーがあるとブルースクリーンの可能性あり

マイクロソフトはWindows 10 May 2020 Updateでレガシードライバーがある場合、ブルースクリーンが発生する可能性があることを明らかにしました。これは大型アップデートのセキュリティ強化などで古いドライバーのバグが影響して機能しなくなるためです。

NVIDIAディスプレイドライバーの場合、May 2020 Update以後にNvidia Display Driver 358.00以前のものを使っているとブルースクリーンが表示される可能性があります。また一部のオーディオドライバーの不具合によるブルースクリーン発生の例もあるようです。またThunderboltドックのプラグを差し込んだり抜いたりするとブルースクリーンSTOPエラーが出ることもあります。

 

影響があるパソコンには提供されていない

マイクロソフトは問題が出る可能性があるパソコンには、Windows Updateでのアップグレードは提供していないと話していますが、マイクロソフトの公式Webサイトなどからアップグレードデータを手動で別途ダウンロードした場合、手動で強制的にアップグレードすることが出来ます。

互換性のないパソコンでWindowsアップグレードするとブルースクリーンが発生することがあります。

Windows 10 version 2004 causes BSOD on PCs with older drivers
Windows 10 version 2004 causes BSOD on PCs with older drivers

Microsoft has begun rolling out its Windows 10 May 2020 upda ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

© 2020 WPTeq