Windows

Microsoft Edge 81がすべてのユーザーに提供開始、コレクション追加など。

Microsoft Edge 81の安定版がリリース開始となりました。ベータ版は2月に配信されていましたが、不具合が改善されたことと、いくつかの新機能が含まれます。

 

待望のコレクション復活

旧Microsoft Edgeの人気機能、コレクションが新しいChromium Microsoft Edgeにも追加されました。これはマイクロソフト版Pocketのようなもので、テキストやページをサイドバーにドラッグアンドドロップしてメモを書いて保存出来ます。

Microsoft Edgeのコレクションはクラウドで管理されすべてのデバイスで同期されるため、外出先でスマートフォンやタブレット、ノートパソコンからすぐに開くことも出来ます。

コレクションはアドレスバー横に表示されますが、不要な場合オプションで非表示にスル機能もあります。そのためユーザーがこの機能を嫌った場合は使う必要もありません。(個人的にはおすすめの機能です)

 

その他にも多くの改善

  • アプリケーションガードコンテナで拡張機能のサポートが利用可能になりました。
  • F12開発ツールは10の新しい言語にローカライズされているため、ブラウザーの他の部分で使用されている言語と一致します。
  • ドルビービジョン再生のサポートが追加されました。ドルビービジョン対応のWindows 10ビルド17134(2018年4月更新)では、ウェブサイトでドルビービジョンコンテンツを表示できます。
  • Microsoft Edgeは、重複するお気に入りを識別して削除し、同じ名前のフォルダーをマージできるようになりました。ツールにアクセスするには、ブラウザのツールバーのスターをクリックし、[重複するお気に入りを削除]を選択します。変更を確認すると、お気に入りへの更新がデバイス間で同期されます。
  • 右上隅にある新しい固体のInPrivate青い錠剤は、InPrivateを閲覧しているユーザーを安心させるのに役立ちます。
  • 正しいブラウザプロファイルで外部リンクを開きます。edge:// settings / multiProfileSettingsから、外部アプリを開くために開かれたリンクのデフォルトプロファイルを選択します。
  • 以前に別のアカウントでサインインした後に、そのアカウントでブラウザプロファイルにサインインしたユーザーに警告する警告を追加しました。この警告は、意図しないデータのマージを防ぐのに役立ちます。
  • Microsoftアカウントに保存されている支払いカードがある場合は、支払いフォームに記入するときにMicrosoft Edgeでそれらを使用できます。Microsoftアカウントのカードはデスクトップデバイス間で同期され、完全な詳細は2要素認証(CVCコードとMicrosoft ID)後にWebサイトと共有されます。さらに便利なように、カードのコピーを安全に保存することを選択できます認証中のデバイス上。
  • Line Focusは、読むときにコンテンツの限られた部分に集中したいユーザー向けに設計されています。これにより、ユーザーは一度に1行、3行、または5行にフォーカスを合わせ、ページの残りの部分を暗くして、ユーザーが気を散らすことなく読むことができます。ユーザーはタッチまたは矢印キーを使用してスクロールでき、それに応じてフォーカスが移動します。
  • Microsoft Edgeは、Windowsプラットフォーム8.1以降でWindows Spellerと統合されました。この統合により、より多くの言語サポートが提供され、より多くの言語辞書にアクセスできるようになり、Windowsカスタム辞書を使用できるようになります。
  • Microsoft Edgeを使用してPDFドキュメントを開くと、ユーザーはハイライトを作成し、色を変更し、ハイライトを削除できるようになります。
https://www.microsoft.com/ja-jp/edge
https://www.microsoft.com/ja-jp/edge

続きを見る

--

0 0 vote
Article Rating

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

© 2020 WPTeq