Windows

Google、Microsoft Edgeに警告を表示した理由について説明。

Microsoftは独自エンジンであるEdgeHTMLからGoogle Chromeと同じChromiumエンジンに切り替えたことで、Google Chromeのすべての利点を手に入れた上で改良を行っています。 新しいEdgeではGoogle Chromeのアドオンストアから拡張機能を入手することすら出来るため、ヘビーユーザーでも快適な体験が可能です。

しかしGoogleはChromeのWebストア上やGoogleのトップページ上でMicrosoft Edgeユーザーにのみ、「拡張機能を安全に使用するためにChromeに切り替えることをお勧めします」というメッセージが表示されたことがわかりました。馬鹿げたセキュリティ警告で、GoogleはChromeブラウザーをダウンロードするように人々にアドバイスしました。

同じエンジンを使っていて殆ど変わらないMicrosoft Edgeが明確的に、不当に攻撃されていたことについてGoogleは声明を発表しています。

 

セーフブラウジングを使用していないため

GoogleはMicrosoft EdgeでGoogleサービス上で表示された警告について、Googleのセーフブラウジング機能が使用されていないためこのようなエラーが表示されたと説明しています。

Microsoft EdgeはGoogleが提供するセーフブラウジングの代わりにSmartScreenを提供しています。 SmartScreenは悪意のあるダウンロードをブロックしたり、フィッシングサイトやマルウェアのWebサイトからユーザーを保護します。 Googleのセーフブラウジングよりも優れたサービスです。

 

順調に機能追加を進めるMicrosoft Edge

Microsoft Edgeはアップデートによりブラウザーの拡張機能の同期、PDFファイルの読み上げなど様々な機能追加を2020年内に行う予定です。 Edgeの開発ロードマップについてはこちらをご覧下さい。

created by Rinker
マイクロソフト
¥17,527 (2020/06/05 10:50:20時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

0 0 vote
Article Rating

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

© 2020 WPTeq