Windows

米国で2019年、SurfaceはiPadの4倍以上広告に費やしたようです。

「Surface」の画像検索結果

タブレット市場ではやはりAppleのiPadが一番の人気です。 iPhoneとの高い互換性があり、最近ではSurfaceのようにペンやキーボードが使えるようになりました。 しかし完全なノートパソコンの体験を求める場合、Surfaceは非常に良い選択肢です。

iSpot.tvはAppleのiPadに対してSurfaceはかなり多額の費用を費やしていることが分かったと報道しています。

 

2億ドル以上の広告費

情報によると、マイクロソフトがテレビのSurface広告に推定2億1910万ドルを費やしており、前年より2割費用が増加しているとのこと。 これはアップルのiPadの4倍以上の費用で、合計で4910万ドルのテレビCMとなったとのこと。

 

売れてはいない

アップルは2019年に210億ドル以上の収益をiPadで得ていますが、Surfaceは恐らくその4分の1も得ていません。 米国で多額のプロモーションを行うのも良いですが、世界規模で認知度を上げないとマーケット拡大は難しいのではないでしょうか?

 

2019's U.S. TV advertising trends across Amazon, Apple, Google, Facebook, and Microsoft | VentureBeat
2019's U.S. TV advertising trends across Amazon, Apple, Google, Facebook, and Microsoft | VentureBeat

Here is how some major tech brands -- Amazon, Apple, Google, ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-

Copyright© WPTeq , 2020 All Rights Reserved.