Windows

Windows 10のシェルエクスペリエンスの更新高速化のためにWindows Core OSから分離する可能性。

マイクロソフトは最近Windows Insider向けのFast RingをRS_PRERELEASEと呼ばれるアクティブな開発ブランチに切り替えることをアック人しました。 これはFast RingのWindows Insiderが特定のWindows 10更新プログラムのアップデートに必ずしも関連付けられていない新機能を受け取ることを意味しています。

 

Windows Feature Experience Pack

またマイクロソフトのリーク情報を公開しているWalking Cat氏は最新のFast Ringビルドの変更についての発見についてツイートしています。 これはユーザーへの新機能提供方法の変化を示す物です。 マイクロソフトは最近Windows Feature Experience Packと呼ばれる新しいアプリをMicrosoft Storeに登録しました。 ストアの情報を見るとこれはダミーにも見えますが、設定アプリのバージョン情報セクションに小さな変更が加えられていることを見ると層ではないようです。

設定アプリのバージョン情報セクションに、Windowsのバージョン情報の下にWindows Feature Experience Packが表示されるようになっていたとのこと。 これは現在の19535.1000のOS Build ナンバーとは大きく異なります。

シェルエクスペリエンスのみを更新

Walking Cat氏によるとこれはシェル機能がユーザーに提供される方法の変化を示しているとのこと。 マイクロソフトは将来的にシェルエクスペリエンスを個別に提供する可能性があるようです。 これによりマイクロソフトはOSに新しい機能や変更を加えるのにメジャーなWindowsのバージョンアップを行う必要がなくなります。

 

現時点ではこの機能がどのように動作するのか、いつ提供されるのかはまだ分かっていません。 しかし少しずつInsiderの表示が変わっていることや、来年Windows 10Xがリリースされることを考えると、近い将来何かしらの発表があるかも知れません。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

© 2020 WPTeq