Windows

Windows 7、2020年1月14日から全画面警告画面を表示へ。

「windows 7 wallpaper default」の画像検索結果

マイクロソフトは10年間サポートを続けてきたWindows 7をまもなく終了します。 サポート終了後はセキュリティアップデートが受けられなくなり、たとえウィルス対策ソフトを導入していたとしても悪意のあるソフトウェアに感染するリスクが高まります。

マイクロソフトはWindows 7を利用中のユーザーに対して、2020年1月14日以降全画面表示でサポート終了の通知を表示するようにすることを明らかにしました

 

使い続けるリスク

Windows 7 サービスパック1を使い続けることのリスクを表示する警告画面が2020年1月14日以降Windows 7で表示されるようになります。 表示されるのはWindows 7 starter、Windows 7 Home basic、Windows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimateとなっています。

なおExtended Security Update(ESU)を購入した場合、通知は表示されません

 

表示されない場合も

マイクロソフトはこの全画面警告はドメインに参加しているマシン及びキオスクモードのマシンでは表示されないことも言及しています。 Microsoftは2023年1月まで法人向けに優良でWindows 7 Extended Security Update(ESU)を提供すると発表しています。 これは毎年価格が上昇しますが、Windows 10に何らかの理由で移行出来ない場合購入することでWindows 7でもサポートを受け続けることが出来ます。

 

https://support.microsoft.com/en-us/help/4530734/windows-7-update-kb4530734
https://support.microsoft.com/en-us/help/4530734/windows-7-update-kb4530734

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

Copyright© WPTeq , 2020 All Rights Reserved.