Windows

ビルゲイツ、Windows Phoneが死んだのは独占禁止法のせいだったと語る。

ルミア・マクラーレン

マイクロソフトは様々な事業で成功させている会社ですが、スマートフォンのカテゴリーでは成功することはできませんでした。 2019年12月10日で現在行われているWindows 10 Mobileのサポートを終了し、2020年にはAndroid搭載の新しいSurfaceがリリースされる予定です。

そんなマイクロソフトのスマートフォン事業ですが、ビルゲイツはマイクロソフトのモバイル事業が失敗した理由について語りました。

 

独占禁止法問題

「ビルゲイツ age of empires」の画像検索結果

2000年代、マイクロソフトは独占禁止法の裁判に悩まされていました。 この独占禁止法の訴訟は1998年から始まり、12年にわたる裁判を経て2011年に和解が成立していますが、この影響でマイクロソフトはモバイルOSなどの主要製品で注目されなくなりました。 これも現在Windows Mobileが一般に使われていない理由の1つです。

マイクロソフトはモバイルプラットフォームを手放すことが出来なかったため、同社のモバイルデバイスは何度もリブートされています。 Windows Mobile、Kin、Windows Phone、Windows 10 Mobileと少しずつ形を変え様々な方法が試されました。

 

AndroidではなくWindows Mobileをみんなが選んだ可能性

「Lumia 1030」の画像検索結果

ビルゲイツは「独占禁止法訴訟がマイクロソフトにとって悪い影響があったのは間違いない。 電話のOS開発よりも訴訟に重点を置いていたので、訴訟がなかったならAndroidではなくみんなWindows Mobileを使っていたでしょう」と語っています。

 

Androidを使うマイクロソフト

「Surface Duo」の画像検索結果

マイクロソフトは驚くべきことに2020年にAndroid OSを採用したSurfaceを発売します。 マイクロソフトがWindowsではないOSを採用した端末をリリースするのは非常に珍しいことといえます。 しかしマイクロソフトはGoogle Play Storeの膨大なライブラリーを認めており、今後Googleと協力してSurface Duoを開発していくことになります。

Bill Gates blames antitrust issues for Android beating Windows Mobile
Bill Gates blames antitrust issues for Android beating Windows Mobile

Co-founded in 1975 by Paul Allen and Bill Gates, Microsoft h ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.