Windows

MS、Chromiumブラウザでスクロール改善を目指す、Chrome系の”かくつく”スクロールがなくなるかも。

MicrosoftはEdgeHTMLを捨て、オープンソースなChromiumを採用することを発表していますが、Chromiumコミュニティにも惜しみなく技術を提供しています。 これによりChromiumのWindowsにおけるスクロールが大幅に改善する可能性があります。

マイクロソフトは今年の初め、Chromiumのマウスの挙動についての考えを共有し、同社はWindows上でChromiumブラウザのスクロールの改善を予定していることを明らかにしました。

Chromiumブラウザーはメインスレッドがビジー状態の時にスクロールバーをクリックしてスクロールするのがぎこちなく見えることがありました。 しかしマイクロソフトはChromiumでのぎこちない動きを修正するために、従来のMicrosoft Edgeのスムーズスクロールを実装することを計画しています。

クロムスクロールバーのスクロール

現状のChromiumはメインスレッドではスクロールバーがスムーズに動いているように見えますが、まれにページを上下にスライドさせるときに待ち時間が発生する問題に対処できるようになります。

現在はEdgeHTMLに比べてChromiumのスクロールバードラッグの併記的な遅延は2倍から4倍ですが、重たいサイトの場合はさらに悪化するとマイクロソフトは話しています。

Microsoft Edge Chromium版の正式提供予定日は未定ですが、開発中のバージョンはだれでも試すことが出来ます。

Microsoft's work on scrolling improvements for Chromium browsers advances
Microsoft's work on scrolling improvements for Chromium browsers advances

Microsoft is actively contributing to the Chromium open sour ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.