Windows Windows講座

画像とビデオをUSB経由でインポートする方法【Windows講座】

更新日:

Windowsの使い方を毎回少しずつ紹介、まとめていくこのコーナーです。

今回は写真や動画をスマートフォンやカメラからUSB接続経由で取り込む方法をご紹介します。

 

画像とビデオのインポートを使えば簡単にできる

まずエクスプローラーでコンピュータ(マイコンピュータ)を開き、一覧からUSBケーブルで接続したスマートフォンまたはカメラなどを探し出します。

見つけたら右クリックして「画像とビデオのインポート」を選びます。

 

 

「画像とカメラのインポート」を選ぶとしばらくの間画像とビデオデータを探すので、少しお待ちください。 この読み込みは本体のデータ量によって時間が長くなりますので、容量がたくさん入った機器を使う場合はゆっくりとコーヒーでも飲んでお待ちください。

準備が出来たら、インポートの設定を行います。

そのまま写真を自動でインポートしても良いですし、新しい項目のインポートとしてタグを追加してもかまいません。

ここではもう少し詳細に設定したいので、「その他のオプション」を選びます。

 

その他のオプションでは画像のインポート先(保存先)、ビデオのインポート先(保存先)、フォルダ名、ファイル名といった設定を変更出来ます。

設定が出来たらOK、次へを選びます。

続いてインポートするグループの選択です。

右下のグループ調整からグループの範囲も指定できます。

今回は面倒なのでそのままインポートしてみます。

インポート中。 しばらく待ちます。

フォルダが作成されます。 これでインポート完了です。

 

OneDriveで写真やビデオをバックアップ!

スマートフォンの場合はOneDriveアプリでバックアップしても良いのですが、Windows Phoneのカメラバックアップサービスが2020年3月で終了してしまうと聞いたのでPCでのバックアップ方法も紹介します。

設定は簡単で、タスクバーの「OneDrive」を右クリックして「設定」に移動。

「自動保存」タブから「カメラ、電話などのデバイスをPCに接続する度に写真とビデオをOneDriveに自動保存」を選べばOKです。

これをしておけばUSBで接続する度にバックアップを取ってくれます。

 

 

--

 

 

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows講座

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.