Windows

次期Windows10アップデートではフォント管理が改良されるらしい。

更新日:

フォントのドラッグアンドドロップ

マイクロソフトは現在コードネーム19H1と呼ばれている最新のWindows10 大型アップデートを開発しています。 これは2019年3月または4月頃にリリースされると言われているバージョンで、様々な機能強化が行われる予定ですが、フォント管理機能の改善も行われる予定です。

Windows10の設定アプリにはユーザーがオペレーティングシステム上でフォントをダウンロード、設定出来るフォントセクションがあります。

ここで簡単にフォントをインストール、設定、カスタマイズ、削除などを行うことが出来ますが、Windows10 Version 1903ではマイクロソフトはユーザーが以前よりもはるかに簡単にフォントを管理できるように改良しているとのこと。

アップデートによりドラッグアンドドロップでフォントを追加することが出来るようになったようです。

現在は日本語フォントは殆ど配信されていないものの、フォントはMicrosoft Storeからも入手することが出来ますが、従来通り直接フォントファイルをインストールすることも出来ます。

Microsoft to make fonts management easier on Windows 10
Microsoft to make fonts management easier on Windows 10

The next feature update, currently codenamed 19H1 and also k ...

続きを見る

--

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.