Windows

Intel、10nmのIce Lakeプロセッサを発表、2019年ホリデーシーズンにリリース予定。

IntelはCES 2019のイベントで10nmプロセッサのIce Lakeチップを発表しました。

新しいIce Lakeチップは以前の物と比較して数多くの変更をもたらし、2019年のホリデーシーズン中にモバイルPC向けにリリースされる予定です。

Ice Lakeの新しい特徴として、Thunderbolt 3が初めてSoCでネイティブサポートされることです。 またこのチップにはWi-Fi6(802.11ax)もサポートされています。 この次世代Wi-Fi規格は既に現在市場に出回り始めています。

さらにこのプラットフォームではGen11統合グラフィックスが統合され(1Tflops)、機械学習を強化する特別なチューニングが行われています。

Intelのパートナーは既にIce Lakeチップ搭載の今後のパソコンの開発を開始しているとのこと。 発表イベントのステージ上ではIce Lakeプロセッサを搭載したXPS 13の初期型プロトタイプを発表しました。

【イベントレポート】Intel、Ice Lakeのデモで10nmプロセスの前進をアピール ~ノートPCのモダン化に向けた「Project Athena」も発動 - PC Watch
【イベントレポート】Intel、Ice Lakeのデモで10nmプロセスの前進をアピール ~ノートPCのモダン化に向けた「Project Athena」も発動 - PC Watch

 米Intelは、1月8日(米国時間)より米ネバダ州ラスベガス市で開幕するCESに先立ち、10nmプロセスの次世代プロセ ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.