Windows

Surfaceシリーズは今後も継続する

更新日:

マイクロソフトのSurfaceシリーズは元々Windows8のタッチUIのタブレットとノートパソコンを融合した新しいパソコンの形、2in1を生み出すために生まれた製品のため、そろそろSurfaceの役目を終えたのではないかとアナリストは予想しているようです。 しかしマイクロソフトのPanos Panay氏は今後も100%続くと答えました。

Surfaceは微妙?

Lenovoの最高執行責任者Gianfranco Lanci氏は「マイクロソフトはクラウドで多額の収益を上げ、WindowsとOfficeでも多額の収益を上げていますがデバイスではそうではありません。 率直に言って何故彼らがお金を失い続けるべきなのか理解するのは困難です。」

こういった噂に対してマイクロソフトのPanos Panay氏は「真実からほど遠いタブロイドの噂」と話しています。

Panos Panay氏によると、Surfaceデバイスは利益率は低く、収益は減少しているかもしれませんが、例えばSurface Penのように新しい製品を生み出すことでPC市場全体の改善を行う役割があると説明しています。

また「Lumiaの挑戦」についてもふれ、Lumiaの失敗から学習し今後のSurfaceはSurface Headphonesのような他のハードウェアカテゴリーも登場すると示唆しています。

 

最近のSurfaceと今後

最近のSurfaceではペン入力のSurfaceペンの速度や精度を向上させ、Surface DialやSurface Headphonesなどのアクセサリーを充実させています。 また安価なSurface Go、ゲーミングにも耐えうるハイエンドなSurface Book 2などラインナップも広げており、2019年には会議室向けのSurface Hub 2も発売予定です。

 

一方で不安も

2016年にJoe Belfore氏は「Windows Phoneへの投資が無駄にならないことを保証する」と話していましたが、その後すぐに開発が終了し、マイクロソフトはWindows Phoneを捨てました。

同じ事が起こらないという保証はどこにもないのかも知れません。

 

Panos Panay calls Surface cancellation a "tabloid rumour" - MSPoweruser
Panos Panay calls Surface cancellation a "tabloid rumour" - MSPoweruser

A week ago a variety of OEMs and respected analysts predicte ...

続きを見る

マイクロソフト Surface Go(4GB/64GB) シルバー MHN-00014
  • マイクロソフト
  • 価格   ¥ 60,309 ¥ 63,504 prime
  • 販売者 ✅niconicoマート本店
クリックして今すぐチェック
Surface Go Signature タイプ カバー コバルトブルー KCS-00039
  • マイクロソフト
  • 価格   ¥ 12,210 ¥ 16,632 prime
  • 販売者 K´s電気オンライン
クリックして今すぐチェック
マイクロソフト Surface Go(4GB/64GB) シルバー MHN-00014
  • マイクロソフト
  • 価格   ¥ 60,309 ¥ 63,504 prime
  • 販売者 ✅niconicoマート本店
クリックして今すぐチェック
Surface Go Signature タイプ カバー コバルトブルー KCS-00039
  • マイクロソフト
  • 価格   ¥ 12,210 ¥ 16,632 prime
  • 販売者 K´s電気オンライン
クリックして今すぐチェック

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.