Windows Windows Mixed Reality/Hololens

サムスンの新MR、Odyssey+はスクリーンドアエフェクトを消し去ることを目指す【Windows Mixed Reality】

Seamlessly real

Windows Mixed Realityで最も高性能だったサムスンOdysseyの後継機種、Odyssey+ではディスプレイがさらに改良されているようです。

サムスンによると、VRをプレイ中に見える細かなパネルの筋が見えないように調整し、アンチスクリーンドアエフェクト(Anti-SDE)ディスプレイを採用したと発表しました。 これは実際のディスプレイ解像度の2倍に当たる1233PPIの表現力とされています。

Odyssey+ではそのほかにもノーズガードが広めになったこと、アームバンドの調整の改善、瞳孔間距離(IPD)調整のための専用ホイールが搭載されています。

そのほかは前モデルとほぼ同じで、3.5インチの1440x1600の有機ELディスプレイ、統合されたAKGプレミアムヘッドフォン、6軸トラッキングコントローラーが同梱されています。

この製品は海外で500ドルで発売される予定ですが、日本では恐らく発売予定がありません。

Samsung's upgraded HMD Odyssey+ aims to kill dreaded 'screen door effect' | Windows Central
Samsung's upgraded HMD Odyssey+ aims to kill dreaded 'screen door effect' | Windows Central

Samsung today debuted the HMD Odyssey+, an upgraded version ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows Mixed Reality/Hololens

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.