Windows

Windows10 Insider、Chromeなどのブラウザインストールの警告は削除。

更新日:

開発中のWindows10が利用できるWindows Insiderで先日追加された機能の1つ「Microsoft Edge以外のブラウザへの乗り換え時の警告メッセージ」についてはInsider Preview Build 17760では削除されたようです。

インストール時の警告ダイアログとは?

この問題は、ChromeやFirefox、Opera、VivaldiといったWebブラウザをインストールしようとしたときに、「既にMicrosoft Edgeを持っています。 Windows10のために設計された安全で高速なブラウザです。」というダイアログが表示され、Microsoft Edgeを開くかインストールを続行するの2つの選択肢が出てくるという物です。

Microsoft Edgeの苦戦

かつてパソコン向けのブラウザといえばInternet Explorerが圧倒的に人気でしたが、現在Google ChromeがIEのシェアを奪い続けており、Microsoft EdgeはモダンなブラウザであるにもかかわらずInternet Explorerのシェアすら上回ることは出来ていません。

数年前Internet Explorerのシェアは、米国司法省や欧州委員会により独占禁止法とされ、マイクロソフトは一部地域でInternet ExplorerをWindowsにバンドルしないなどの対応を取り大きくシェアを落としました。

しかし今日ではブラウザとオペレーティングシステム市場はスマートフォンの登場やChromeの支配により大きく変化しました。

StarCounter氏によるとEdgeはシェア2パーセント、Internet Explorerはシェア3パーセント、Chromeは60パーセントで、Microsoftの製品については前年比1ポイント低下しているとのこと。

MSの言い分が正しい部分もある

「Microsoft Edge強制」は一見ユーザーにとってナンセンスな行為にも見えますが、パソコンに慣れていない人はMicrosoft Edgeを使っておいた方が良いかもしれません。

Microsoft Edgeはまず脆弱性が非常に少ないという特徴があります。 ChromeやFirefoxの半分程度しか見つかっていないというデータもあります。 これはMicrosoft Edgeが機能性よりもセキュリティを第一に置いて開発されているということが大きく影響しています。

そのためコンピュータの知識がそれほど多いわけでもないのに無理に他のブラウザに乗り換えるよりは、Microsoft Edgeを使っていた方がリスクが少ないといえる部分もあります。

 

Microsoft Windows U-turn removes warning about installing Chrome, Firefox
Microsoft Windows U-turn removes warning about installing Chrome, Firefox

Apparently the Windows 10 team has second thoughts about the ...

続きを見る

Microsoft Edgeを選ぶべき3つの理由 未来を見据えたWebシステム活用の掟
 - ログミー[o_O]
Microsoft Edgeを選ぶべき3つの理由 未来を見据えたWebシステム活用の掟 - ログミー[o_O]

11月2日、日本マイクロソフト主催のIT技術者向けイベント「Microsoft Tech Summit」において、「IE ...

続きを見る

(無料電話サポート&解説動画付)できるWindows 10 改訂3版
  • 法林岳之, 一ヶ谷兼乃, 清水理史, できるシリーズ編集部
  • 価格   ¥ 1,080 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.