Windows

低価格SurfaceがFCC認証を通過したようです。

更新日:

20150403_surface_3_gallery_title[1]

 

マイクロソフトは教育市場向けに低価格なSurfaceの開発に取り組んでいると以前から考えられていましたが、FCCを通過したようです。

 

このモデルにはスタンドアローンのQualcomm Wi-Fi/Bluetoothモジュールが搭載されているため、Intel プロセッサが搭載されていると思われます。 Qualcomm搭載デバイスの場合、無線がSoCに統合されているからです。

また新しいモデルはSurface Proの36W電源とは異なり、デバイスは24Wで小型で安価なデバイスであると考えられています。

 

安価なSurfaceは2018年の後半にも発売されると予想されており、Bloombergのレポートでは10インチの丸みに帯びたエッジを持ったデザインとなっています。

またこのモデルではSurface Connectorが搭載されず、USB-Cが代わりに搭載されるという噂もあります。

 

このタブレットはキーボードやSurface Penなしで約400ドルで販売されるとみられており、アップルのiPad(2018)と競合する製品になると思われます。

 

ソース:

https://gov.fccid.io/C3K1824

※画像はSurface 3

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.