Windows

マイクロソフト、Windowsのコードネームを退屈でわかりやすい名称に変更。

更新日:

calendar[1]

 

マイクロソフトは従来の”RedStone"や”Threshold"といったWindowsのビルド名からコードネームを変えるようです。

Windows Centralによると、RedStone 5は最後の興味深いコードネームになるとのこと。

 

今後はWindowsの内部コードは19H1、19H2、20H1、20H2といったように日付をあらわすものとなるようです。

はじめの数字2桁は年、後半のH○はマイクロソフトがリリースするその年の大型アップデートの番号です。

 

コードネームはあくまで内部で使われるものなので、正式リリースでは「Creators Update」「Annversary Update」のようなわかりやすい名称がつけられますが、自社ゲームのネタをコードネームに使っていたユニークさが失われるのは少し残念なように思います。

 

ソース:

https://mspoweruser.com/microsoft-to-move-to-more-boring-windows-code-names/

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.