Windows

米空軍、Windows10へのアップグレードで古いPCを捨てなければならなかった!?

更新日:

airforce-upgrade[1]

 

米空軍は2018年3月31日までにすべてのコンピュータをWindows10にアップグレードするため、古いPCの一部を犠牲にすることを決めたようです。

 

ハードウェア交換も必要

情報では「Windows10は空軍兵器目録にある多くのシステムと互換性がないため、かなりの数のコンピュータハードウェアを交換する必要があった」とのこと。

Windows10のセキュリティ機能の改善によりソフトウェアパッチをより早くインストール出来るようになり、ネットワークをより安全に利用できるようになります。

 

Windows10への移行は必須

米空軍のブライアンスナイダー中佐は「Windows10へ移行は、空軍にとって不可欠」「多くの新しいセキュリティ機能が導入されており、今までで最も安全なWindowsとなっています。」とコメントしています。

なお、期限までにアップグレードされなかったPCについてはネットワークアクセスが拒否され、隔離されるようになる予定です。

 

ソース:

//mspoweruser.com/air-force-forced-ditch-older-pcs-due-urgent-windows-10-upgrade-mandate/

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.