Windows

【海外レビュー】約300ドルの格安ラップトップ、CHUWI 14.1 LapBookが凄いらしい。

更新日:

現在ノートパソコンの世界には2000ドルを超えるUltrabookから低価格なモバイルPCまで様々な物が存在します。

低予算で手に入れるパソコンは一定の需要があるはずです。

今回はWindowsCentralが驚いた14インチのCHUWI 14.1インチラップトップのレビューをベースにご紹介します。

 

→GEARBESTで見てみる

 

chuwi-14-lapbook-logo[1]

 

良い点

・優れたコストパフォーマンス

・高品質IPSディスプレイ

・ファンレス設計

・素晴らしいタイピングエクスペリエンス

・まともなポート

・CPUはATOMよりも遙かに良い

 

悪い点

・USB-Cがない

・トラックパッドが敏感

・USBポートが逆さ

・平凡なWebカメラ

・ディスプレイは屋外では暗く感じる

 

Chuwi 14.1 LapBook の仕様

大抵の300ドル以下のPCにはIntel Coreプロセッサは搭載されていませんが、CHUWIは新羅制の高いApollo Lake世代のCeleron N3450 64Bit クアッドコアプロセッサを搭載しました。 2.2GHzで動作し、ストアアプリやWindows10をスムーズに動作させます。

殆どの安価な機種で搭載されているIntel Atom Cherry Tailよりも遙かに優れた体験を提供してくれるでしょう。

 

プロセッサ

7th-Gen ("Apollo Lake") Intel Celeron N3450 at 1.1GHz with burst to 2.2GHz

 

ストレージ
SanDisk 64GB eMMC

 

RAM
4GB
LPDDR3 1600 MHz

 

ディスプレイ

14.1-inch IPS 1080p

 

グラフィック
Intel 500

 

外部ポート
one USB 3.0, one USB 2.0, 3.5mm jack, micro TF Card, micro HDMI

 

ワイヤレス
Intel AC-3165 (2.4/5GHz)
802.11a/b/g/n

カメラ
Front-facing 2.0MP

バッテリー
9,000 mAh

重量
3.2 lbs (1.45 kg)

 

ストレージは64GBのみですが、MicroSDカードによって拡張できます。 またRAMは4GBですが1600MHzのクロックで動作するようです。

正し少し妙なところもありUSBポートが逆さま?だそうです。

ワイヤレスには2.4GHzだけではなく5GHzにも対応したデュアルバンドのインテルワイヤレスカードを備えていることも低予算マシンには素晴らしいことでしょう。

 

よく出来ている設計

CHUWIは黒のベゼル、ヒンジ、キーなどをのぞき殆どは白のプラスチックでデザインされています。

全体的に品質は高く、またCeleronプロセッサのためファンや排気口もありません。

USBポートは固めなのがちょっとした難点でしょう。

 

キーボード上部には3つの青色LEDがあり、ロックキャップや電源などを視覚的に知らせてくれます。

本体の底部分には2つのスピーカーがあり、やや高音気味ですがひずみのない音を提供してくれます。

 

印象的なIPSディスプレイ

この価格の多くのPCはTFTパネルを採用しています。 しかしこれは178度の大きな視野を持つIPSディスプレイを採用しています。

CHUWIのユニークさはIPSが使われているため、鮮やかなディスプレイが提供されていると言うことです。

ベゼルが狭いにもかかわらず、丈夫にはWebカメラもあります。 Webカメラの画質は酷い物ですが、ないよりは良いでしょう。

ディスプレイは1920x1080で高解像度ではありませんが14.1インチのディスプレイと言うことを考えれば問題ありません。 明るさも問題ないでしょう。

 

実用に耐えうるキーボード

低予算のノートパソコンで一番懸念される部分がキーボードです。 ここでもCHUWIは優れた物を提供してくれます。 キーはほどよいレスポンスのフルサイズキーボードです。 白黒の美しいデザインでコントラストを提供してくれます。

 

ボリュームと再生キーを使うにはFnキーを使う必要がありますが、ノートPCでは珍しい事ではありません。

電源ボタンはアップルの伝統的な配置、右上です。

 

トラックパッドは酷い

トラックパッドは予算なりの性能です。 表面はラフでクリックが堅く感じます。 またスクロールは反対に反応します。

 

CHUWI Lapbookのパフォーマンス

IntelのCeleron プロセッサは協力なもので、アプリやブラウジングは多くのPCと同じように実行できます。

ゲームはカジュアルな物であればなんとか動作する程度のようです。

 

300ドルでマストなPC

CHUWI 14.1ラップトップは比較的新しい会社から登場した印象的なマシンです。 デザインは少しチープですがそれでもよく出来ていると言えるでしょう。 確かな品質としっかりとしたタイピングを提供してくれますし、バッテリーも7~8時間の連続動作で決して少なくありません。

また14インチのIPSディスプレイは300ドルでまともなディスプレイを提供してくれる数少ない製品です。

 

欠点は逆さまのUSBポート、敏感なタッチパッドなど細かな不満点もあります。

 

→GEARBESTで見てみる

 

ソース:

http://www.windowscentral.com/chuwi-14-lapbook

 

--

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.