PC/PCパーツ

『NVIDIA Broadcast 1.2』が提供開始、最大6つのエフェクトを組み合わせることが可能に。

NVIDIA Broadcastのバージョン1.2のアップデート提供が開始されました。今回のアップデートではたくさんの新機能があります。

アップデート内容

機能の追加:

  • 新しいエフェクト-ルームエコー除去(ベータ版):オーディオからのルームリバーブを低減します。
  • 新しいエフェクト-ビデオノイズ除去(ベータ版):特に暗い場所で、Webカメラからのビデオノイズを低減します。
  • この最初のバージョンはまだ完全に最適化されておらず、他の効果よりもパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。
  • 更新されたエフェクト-ノイズ除去:ペットの音(猫や犬など)のサポートが追加され、品質とパフォーマンスが向上しました。
  • 更新されたエフェクト-オートフレーム:フレームの中央3分の1以内に留まっている場合にカメラが移動しないように、バッファーゾーンが追加されました。

アプリの改善:

  • マルチエフェクト機能:複数のエフェクトのサポートが追加されたため、ユーザーはデバイスごとに最大2つのエフェクトを組み合わせて、最大6つのエフェクトを作成できます。
  • 複数のエフェクトを実行すると、システムのパフォーマンスに大きな影響を与えることに注意してください。
  • オーディオエフェクトを組み合わせることができますが、ノイズ除去はある程度の効果を失います。
  • カメラプレビュー品質の向上
  • 改善および明確化されたUIメッセージング
  • インストーラーのメモリサイズを削減しました

バグの修正:

  • これで、アプリを更新すると、システム(つまり、デフォルトのWindowsスピーカーとマイク)とサードパーティのアプリ設定(つまり、Zoomまたは他のアプリのデバイス)が正しく保持されます。インストール中に高速インストールオプションを使用します。
  • カメラがハングする問題を修正しました。タブをすばやく切り替えたり、ロードする前にアプリケーションを閉じたりしました。
  • 背景を置き換えると、選択した背景画像の向きが反転する問題を修正しました。

アプリのダウンロード

アプリのアップデートは、NVIDIAの公式Webサイトからダウンロードできます。なお使用するにはRTX 2060以上のグラフィックスカードが必要となります。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-PC/PCパーツ
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5