PC/PCパーツ

Intel、米国で『MacよりもPC』とアピールする広告を開始。

アップルはIntelと15年間提携した後、Apple M1シリーズのラップトップと小型PCを使い、アップルは独自の道を歩むことを決めました。結果的にIntelはアップルに捨てられることになったわけですが、アップルはMacよりも(Windows)PCという広告を投稿しています。

 

MacよりPC!

「科学者とゲーマーにパワーを提供できるのは(Windows)PCだけです。」

「あなたがロケットリーグでロケットジャンプをしたいなら、Macでは出来ません。PCです。」

「一台のデバイスでタブレット、タッチスクリーン、ペンを提供できるのはPCだけです。」

「本物の親指でPhotoshopのサムネイルをめくることができるのはmacではありません。PCです。」

 

脱Intelを進めているのはアップルだけではない

PC市場で圧倒的なシェアを持っていたIntelですが、最近ではWindowsの世界でもIntelを選ばないことは珍しくありません。例えば、ゲーマー向けの自作パーツの市場ではAMDの方が現在はシェアが高くなっており、メーカー製PCでもAMDプロセッサやARMプロセッサを採用するメーカーも増えてきています。

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-PC/PCパーツ
-, ,