PC/PCパーツ

NVIDIA、G-SYNC ULTIMATEの仕様を1000ニットから600ニットにダウン。

NVIDIAは以前G-Sync Ultimateを発表しました。当初はディスプレイの色域に厳しい基準がありましたが、同社はこの基準を引き下げているようです。以前は1000ニット(VESA HDR1000規格)でしたが、現在はほぼ半分の600ニットのディスプレイもG-Sync Ultimateとなります。

 

仕様変更

NVIDIAはVideocardzに対して次のような声明を出しています。

昨年末G-SYNC ULTIMATEをアップデートし、OLEDやエッジライトLCDなどの新しいディスプレイ技術を搭載しました。

すべてのG-SYNC ULTIMATEディスプレイは、先進のNVIDIA G-SYNCプロセッサを搭載しており、生き生きとしたHDR、見事なコントラクト、シネマティックカラー、超低レイテンシーのゲームプレイなど、素晴らしいゲーム体験を提供します。オリジナルのG-SYNC UltimateディスプレイはFALDで1000nitでしたが、OLEDのような最新のディスプレイはわずか600~700nitで無限のコントラストを実現し、先進のマルチゾーンエッジライトディスプレイは600~700nitで驚くほどのコントラストを実現します。G-SYNC Ultimateは、決してnitsだけで定義されたものではなく、VESA DisplayHDR1000の認証を必要とするものでもありませんでした。通常のG-SYNCディスプレイもNVIDIA G-SYNCプロセッサを搭載しています。

ACER X34 Sモニターは、NVIDIAのウェブサイト上でG-SYNC ULTIMATEと誤って記載されていました。本来であれば「G-SYNC」と記載されているはずであり、Webページは修正中です。

 

G-Sync Ultimate

最高の NVIDIA G-SYNC プロセッサを搭載し、リアルな HDR、驚異的なコントラスト、映画のような色彩、超低遅延のゲームプレイなど、最高のゲーム体験を実現します。

 

https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/products/g-sync-monitors/
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/products/g-sync-monitors/

www.nvidia.com

NVIDIA issues a statement on G-Sync Ultimate specification downgrade - VideoCardz.com
NVIDIA issues a statement on G-Sync Ultimate specification downgrade - VideoCardz.com

NVIDIA G-Sync Ultimate: downgrade from 1000 nits to 600 nits ...

videocardz.com

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-PC/PCパーツ
-, ,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5