Office

Office Insider アップデート、OneNoteで声だけでメモをとる機能が追加など。

マイクロソフトはWindowsユーザー向けに新しいOffice Insider Preview Buildの提供を開始しています。今回のアップデートはベータチャネルのユーザーに展開されています。アップデートはOneNote、Excel、Access、Office Suite向けに新機能が提供されます。

Office Suite 2022年5月6日| バージョン2206(ビルド15227.20000)

OneNote

Dictateで声だけを使ってメモを取る

音声で口述筆記することで、あなたの考えをノートに素早く、ハンズフリーで書き込むことができます。Dictate for OneNote を使えば、自分の考えを声に出して伝えるだけで、コンテンツを作成することができます。この機能を利用するには、ホームタブの音声入力用マイクのアイコンをクリックするだけで、音声入力を開始できます。

Excel

リソースが制限されているデバイスでの再計算の最適化

リソースに制約のあるデバイス(2コア以下、8ギガバイト以下のRAM)では、Excelはデフォルトでシングルスレッドで計算を実行することにより、再計算をより最適化するようになりました。ほとんどの場合、これらのデバイスでは、計算が著しく速くなります。ただし、計算負荷の高い計算を必要とする場合には、「ファイル」→「オプション」を選択し、「詳細設定」タブの「数式」セクションで計算スレッド数を「2」に設定して、このデフォルトを上書きすることを検討するとよいでしょう。

フォーミュラエントリーのスピードアップ

メモリ使用量の削減、より効率的なメモリ割り当て呼び出し、編集中のセル周辺の可視範囲の再描画の最適化により、セルへの数式入力に要する時間を短縮しました。これらの最適化は、低価格帯のデバイスなど、メモリの使用量が少ないデバイスやCPUとメモリのスループットが遅いデバイスでより顕著になります。

オートフィルターはより高速で効率的です

オートフィルター機能が大幅に高速化されました。この改善は、メモリ使用量の削減と、フィルタの比較アルゴリズムによる呼び出しの最適化によって達成されました。この最適化は、メモリの少ないローエンドデバイスや、CPUとメモリのスループットが遅いデバイスで特に顕著になります。

注目すべき修正:

  • グラフシートを使用してブックでVBAスクリプト/アドインを実行すると、アプリが予期せず終了する可能性がある問題を修正しました。

Access

注目すべき修正

  • ADOレコードセットにバインドされているフォームにレコードを挿入すると、以前に作成されたレコードが空白で表示される問題を修正しました。

Office Suite

デスクトップ上の共有ドキュメントに簡単にアクセスできます

組織へのサインインオプションにより、ゲストユーザーは、ワンタイムパスコードまたはサードパーティのフェデレーションを使用して、デスクトップOfficeアプリケーションで共有されているドキュメントにアクセスすることができます。この機能は、これまで Web 版 Office で利用可能でしたが、Office デスクトップアプリケーションでもオプションとして利用できるようになりました。

Office Insiderとは

Office Insiderは新しい機能と更新をいち早く入手し、試すことが出来ます。フィードバックを開発チームに送ることで正式版の開発に協力できます。

詳しくはコチラ

--

 

-Office
-,