Office

Microsoft「Spaces」と呼ばれる新しいOutlook用UIを開発中。

マイクロソフトはコードネームTimestream(Spaces)と呼ばれる新しいユーザーインターフェイスの開発に取り組んでいるようです。 このSpacesは、Outlookでおなじみの機能であるメールや会議、ドキュメントといったものをわかりやすく、プロジェクトスペースとして管理するWebエクスペリエンスです。

 

Spacesとは?

Spacesを利用すると、単一の場所で検索を使ってOutlookのメールやカレンダー、ドキュメントをまとめる事が出来ます。

必要なすべてのコンテンツを一カ所に納める共有ホワイトボードのように使うことが出来、関連するプロジェクトを作成したら、他の人とコラボレーションして使うことが出来ます。

 

動画

 

Spacesを使う

Spacesはまだ公開されていないプロジェクトですしかし次の手順を行うと、利用することが出来ます。

  1. https://outlook.office.com/spaces
  2. Webブラウザーで開発者ツール-> Application-> Storage-> LocalStorageを開きます
  3. アイテムの追加:キー:“ featureOverrides”、値:“ outlookSpaces-enabled”
  4. Webブラウザーを更新する

 

Microsoft working on a brand new Outlook experience called Spaces - MSPoweruser
Microsoft working on a brand new Outlook experience called Spaces - MSPoweruser

Microsoft is working on a brand new Outlook experience calle ...

続きを見る

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Office
-, ,

© 2020 WPTeq