Office

農水省、一太郎からMicrosoft Wordへ完全移行へ。

更新日:

Image_NicelyDone_713x374[1]

 

農水省は文章作成ソフトをジャストシステムの一太郎からMicrosoft Wordへ統一する方針を発表しました。

 

一太郎とWordの違いについて

一太郎は日本製であるため、日本語の文章作成ソフトとして使いやすいというメリットがあり昔から人気のあるソフトでした。

特に縦書き入力や細かな行間の間隔、日本語校正機能などはWordよりも優れているとされています。

 

一方で近年はWordもアップデートを続けられており、日本語機能も昔よりもずいぶんパワーアップしているほか、クラウドとの連携など様々な最新のトレンドを追った機能も搭載されており現在では日本国内に置いてもWordが圧倒的に支持されています。

 

切り替えの理由について

報道によると今まで農水省は文章作成ソフトとして一太郎をメインに使っていたようですが、省外で文章確認がしづらいため残業が増えがちだったとのこと。

また若手からWordに統一して欲しいという要望もあったようです。

 

ソース:

//www.jiji.com/jc/article?k=2018011300400&g=pol

 

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年更新版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad対応
マイクロソフト (2014-10-17)
売り上げランキング: 2
一太郎2017 特別優待版
一太郎2017 特別優待版

posted with amazlet at 18.01.15
ジャストシステム (2017-02-03)
売り上げランキング: 101

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Office

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.