Xbox/Windows10 Games 未分類

VRS Tier 2でGears 5とGears Tacticsのパフォーマンスは大幅に改善されたようです。【DirectX 12 Ultimate】

グラフィックスに力を入れているゲームタイトルとして有名なGears of Warシリーズは、Xbox Series X|Sのローンチ付近のタイトルとしても優秀なベンチマークをたたき出しています。Direct X 12 UltimateチームはGears 5とGears Tacticsで採用されたVRS Tier 2の技術について発表を行いました。

 

VRSとは、可変レートシェーディングのこと。

ヴァリアブルレートシェーディング(VRS)はゲームシーンを分析し、ゲーム画面のより重要な部分を鮮明に描写し、逆に違いがわかりづらい部分を劣化させることでゲームパフォーマンスを向上させるテクノロジーのことです。

 

新しいVRS Tier 2とは

Tier 1とTier 2の主な違いは粒度にあります。Tier 1では描画ごとにシェーディングレートを指定していましたが、Tier 2では代わりにスクリーンスペーステクスチャでシェーディングレートを指定できるようになりました。前のフレームでシーンカラーを分析させることで、知覚的な違いを発生させることなくシェーディングを減らすことができると判断されたものだけが荒いシェーディングを適用するようにできます。

 

VRS Tier 1のサンプル

画面のメインではない背景部分を指定し、シェーディングレートを変更。

 

VRS Tier 2のサンプル

劣化可能な場所をより細かく分析し、荒いシェーディングレートを使用。

 

VRSテクスチャで効率化

最終的なシーンカラーバッファ上でソーベルエッジ検出コンピュートシェーダを実行して VRS テクスチャを生成しました。VRS テクスチャは、後述のリスケールシェーダの一部として次のフレームで使用するために再投影されます。エッジ検出は、sRGB カラーの輝度で実行されます。sRGB を使用することで、色の知覚的な違いに基づいてエッジが確実に検出されます。設定可能なしきい値はシェーダに渡され、エッジ検出をどの程度アグレッシブにするかを調整することができます。

 

大幅に変わるパフォーマンス

AMD 6900 XTですべての画質設定をInsaneに設定し、スクリーンスペースグローバルイルミネーションを有効にした場合の4K画質でのベンチマークでは、VRSクオリティモードで14%の節約、バランスモードで15%の節約、パフォーマンスモードで20%のパフォーマンスの節約が実現しました。

created by Rinker
Xbox
¥49,800 (2021/06/15 20:23:12時点 Amazon調べ-詳細)
Moving Gears to Tier 2 Variable Rate Shading | DirectX Developer Blog
Moving Gears to Tier 2 Variable Rate Shading | DirectX Developer Blog

The team at The Coalition haven’t stopped innovating since b ...

devblogs.microsoft.com

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games, 未分類
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5