ニュース

マイクロソフトリサーチ、スマホカメラで脈拍や呼吸、心臓を読み取る技術を開発。

マイクロソフトの研究機関、マイクロソフトリサーチは一般的なスマートフォンカメラを使用して遠隔医療などの非接触生理学測定を行うための技術を開発しました。

 

AIで変化を計測

近年研究者はAIアルゴリズムを使うことで様々な研究を加速させています。今回携帯電話のカメラを使って体の微妙な変化を認識し、MTTS-CANと呼ばれる新しい技術を使ってリアルタイムに心肺測定が可能になる技術が明らかになりました。

 

遠隔医療シナリオで活躍するかも

殆どの遠隔医療シナリオでは、患者のバイタルサインなどの信号を計測することが困難であるため、医師は患者の情報を目視以外で確認出来ません。このテクノロジーが実用化されれば、遠隔医療の変革に役立つ可能性があります。

 

--

https://www.microsoft.com/en-us/research/blog/utilizing-consumer-cameras-for-contact-free-physiological-measurement-in-telehealth-and-beyond/?OCID=msr_blog_healthsense_NeurIPS_tw
https://www.microsoft.com/en-us/research/blog/utilizing-consumer-cameras-for-contact-free-physiological-measurement-in-telehealth-and-beyond/?OCID=msr_blog_healthsense_NeurIPS_tw

www.microsoft.com

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-ニュース
-

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5