ニュース

Microsoft、AIレーザーテクノロジーを使い映画「スーパーマン」を永久保存。

「superman 1978」の画像検索結果

どんなメディアにも寿命はあります。 しかしマイクロソフトはProject Silicaと呼ばれるテクノロジーを使い、超高速レーザー光学と人工知能を組み合わせ、石英ガラスにデータを書き込むことで長期間データを保存出来るプロジェクトを発表しました。

テクノロジーについて

このテクノロジーは、レーザーは、さまざまな深さと角度で3次元のナノスケールの格子と変形の層を作成することにより、「ボクセル」でデータをエンコードします。機械学習アルゴリズムは、偏光された光がガラスを透過するときに作成される画像とパターンをデコードすることにより、データを読み取ります。

 

スーパーマンを保存

マイクロソフトとワーナーブラザーズは、厚さ75 x 75 x 2mmのドリンクコースターサイズの硬質シリカガラスに1978年の大ヒット映画「スーパーマン」映画全体を保存することに協力しました。

このガラスはお湯でゆでても、オーブンで焼いても、電子レンジで加熱したり、ひっかいたり磨いたりしてもデータが維持します。

 

データ保存の新しい未来

一般にデータを長期間保存するには、空調管理や除湿などが必要で、3~5年で新しいデジタルアーカイブに置き換える必要があります。 しかしこのテクノロジーを使えば、このような手間をなくし、データを長期間保存することが出来ます。

また利点としてはテープストレージとは異なり、任意の場所に素早くアクセス出来るため検索遅延を減らすことが出来ます。

今後頻繁にアクセスする必要がないが重要なデータを保存するアーカイブとして活用されることに期待されています。

Microsoft creates indestructible Superman copy with AI laser technology - MSPoweruser
Microsoft creates indestructible Superman copy with AI laser technology - MSPoweruser

After spending years searching for ways to improve the longe ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-ニュース
-, , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.