ニュース

Microsoft、マップ情報でHERE、TomTom、Esriと提携。

マイクロソフトはワールドグラフ実現に向ける計画を発表し、HEREやTomTom、Esriなどと地理情報で提携を行い今後地理情報のインデックスを構成すると発表しました。

 

 

m33TW6zZ[1]

 

ワールドグラフはBing Mapsのデータを超える以上の存在になる予定で、単なるナビゲーション用のデータにとどまらないとのこと。

利用可能な時期などは不明ですがサードパーティへの提供も予定されているようです。

 

特にHEREは元々NOKIAの地図事業だっただけにWindowsPhone8では標準マップアプリがHEREのデータに変更され多くの日本ユーザーに反響を与えました。

そんなHEREは具体的な期間は好評されていないものの、複数年にわたる戦略的提携と発表しています。

 

Bingマップは海外ではなかなか優秀そうなのですが日本ではGoogleマップなどの競合よりも出遅れている印象があります。

日本国内でもマップ機能が強化されることに期待したいですね。

 

ソース:

http://japan.zdnet.com/article/35093935/

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-ニュース
-, , , , , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.