Xbox Oneでは最新のインターネットブラウザ、Microsoft Edgeが搭載されています。

Microsoft Edgeでインターネットの多くのページを閲覧できます。

 

操作方法

左スティック:カーソル移動

右スティック:スクロール

Aボタン:選択

Bボタン:戻る

Yボタン:アドレスバー、検索

Xボタン:使いません

LT:縮小

RT:拡大

LB:サイクルタブ左

RB:サイクルタブ右

メニュー:右クリック

ビュー:全画面表示のオンオフ

 

検索する、アドレスを打ち込む

画面上のアドレスバーに文字を入力するとBingで検索できます。

ここに直接URLを入力しても大丈夫です。

 

戻る、進む、更新

画面左上のボタンで戻る、進む、更新を行うことが出来ます。

またBボタンを押せばいつでも前の画面に戻れます。

 

タブを切り替える

LB、RBを押すといつでも左右のタブに移動できます。

 

お気に入りに追加する

アドレスバーの右側にある★マークをクリックするとブックマークまたはリーディングリストに追加することが出来ます。

好きなフォルダに保存しておきましょう。

 

ブラウザで画像やファイルを保存する

Xbox Oneのブラウザではファイル保存に対応しています。

保存したい対象にカーソルを合わせてメニューボタン(スタートボタン)を押して右クリックメニューを表示し、「対象をファイルに保存」または「名前をつけて画像を保存」を選んでください。

保存したファイルは「エクスプローラ」アプリでファイル管理することが出来ます。(USBにファイルを転送したり、クラウドドライブにアップロードも出来ます)

 

ブラウザで画像やファイルをアップロードする

保存した画像やファイルをアップロードすることも出来ます。

Microsoft Edgeからクラウドストレージサービスなどにアクセスし、アップロードを選択すると「エクスプローラ」のダイアログからファイルを選ぶことが出来ます。

 

リーディングモードを使う

アドレスバー右側の本のようなページが黒くなっている時はリーディングモードが利用できます。

リーディングモードを使うと無駄な物を表示せず大きな文字で読みやすいモードになります。

 

プライベートブラウザを使う

履歴を残したくない場合、右上の「・・・」 から「InPrivateブラウズを開始」を選びましょう。

プライベートブラウザでは履歴を残すことなくインターネットが利用できます。

 

 

Microsoft Store (マイクロソフトストア)