Xbox Oneシリーズでは3世代のゲームをプレイすることが出来ます。

過去、現在、未来のゲームが楽しめるのはXbox Oneだけです。

 

下位互換性(後方互換)とは?

Xbox Oneよりも昔に存在したXboxゲームをプレイ出来る機能です。

数百本にも及ぶXbox 360のゲームや、初代Xboxの名作タイトルもプレイすることが出来ます。

→対応タイトル一覧を見る(MS公式)

 

パッケージ版でもダウンロード版でもOK

過去のゲームを遊びたい場合、対応のゲームのパッケージ版またはダウンロード版を入手する必要があります。

 

パッケージ版:

インターネットに接続された状態でXbox 360または初代XboxのゲームをXbox Oneのディスクドライブに挿入してください。自動的にインストールが開始されます。

 

ダウンロード版:

インターネットに接続された状態でマイコレクションの「インストール出来ます」からライブラリーをダウンロードします。

 

データは引き継げる

Xbox 360のゲームを既に持っている場合、情報を引き継ぐことが出来ます。

 

Xbox 360の本体を起動したら、システムからデータ管理を選び、移動したいセーブデータをXbox Liveクラウドにコピーまたは移動しましょう。

後はXbox Oneから起動すればクラウドからゲームをロードすることが出来ます。

 

もちろん購入したゲームオンデマンド、追加コンテンツ、実績、ゲーマースコア、フレンドなども引き継ぐことが出来ます。

 

追加料金なし

後方互換機能を利用するのに追加費用はかかりません。

対応ゲームを用意するだけでプレイすることが出来ます。

 

一部ゲームは4Kクオリティにアップグレード

Xbox One X Enhanced対応のXbox 360タイトル、またはXbox Oneに対応した初代Xboxタイトルは内部解像度が4K近い解像度までアップグレードされます。

古い名作も、詳細なグラフィックスで楽しむことが出来ます。

 

Microsoft Store (マイクロソフトストア)