XboxOne XboxOne:周辺機器

SSDでゲームは早くなるのか? Seagate ゲームドライブ for Xbox 海外レビュー

更新日:

LINEで送る
Pocket

XboxOne用の新しいSSDをSeagateは北米市場向けに販売を始めましたが高いコストに見合った物なのでしょうか?

Windows Centralが実際に製品を手に入れてレビューしているようなので記事をざっくり訳してみました。

例によって筆者の低い英語力によって誤訳がある場合がありますのでご注意ください。

 

 

seagate-game-drive-xboxssd-2[1]

 

HDD vs.

ソリッドステートドライブ(SSD)は近年ハイエンドPCやラップトップPCでよく見られます。従来のハードディスクドライブ(HDD)よりもはるかに高速な読み書きが行うことが出来ます。 

SSDが搭載されている外付けドライブはHDDに比べて衝撃に強い傾向にあります。

 

XboxのためのSSDゲームドライブ

シーゲートのXbox SSDは512GBで210ドルで販売されています。

この値段なら184ドルでXbox専用のSeagate 4TB外付けHDDを購入できます。

近年SSDの価格は下がってきていますがまだまだHDDの方が格段に安いです。

 

パフォーマンスの違いは無視できません。 HDDは140MB/sの読み取りスピードですが、SSDは440MB/sの読み取りスピードを持っています。 これは3倍以上で両方ともUSB3.0経由で毛一足された物です。

 

デザインとセットアップ

Xbox用SSD Gamedriveはスリムでオシャレなデザインです。 財布サイズでわずか100gの重量にXboxロゴ、そして伝統的な黒と緑の色で飾られています。アルミボディとスリムなボディは視覚的に魅力手な物です。 あなたのコンソールの近くにこれがあっても恥ずかしくありません。 XboxOneシーゲートSSDは一般的な外付けHDDに比べると10分の1ほどのサイズです。

 

セットアップはとっても簡単です。 付属したUSB3.0のケーブルをSSDとXboxOneの背面に差し込むだけです。 電源ケーブルは必要ないのでコンセントも節約することが出来ます。

始めに起動する場合あなたがこのSSDをメディア用に使うのかゲーム用に使うのかの選択が求められます。 ゲーム用を選択した場合ドライブはXboxOne用ドライブとしてフォーマットされます。

 

seagate-game-drive-xboxssd-5[1]

 

実際のテストデータ

それではXboxOneのSSDと一般的なHDDを比較してみましょう。 人気のあるゲームの初期の読み込みスピードを検証しました。

 

ギアーズオブウォー4 HDD:57秒 SSD:49秒(14パーセント高速)

デッドライジング4 HDD:32秒 SSD24秒(25パーセント高速)

 

さらに詳細なデータを得るために他のゲームでも試してみることにしました。

 

DOOM ゲーム読み込み HDD:54秒 SSD:43秒(20パーセント高速)

DOOM ステージ読み込み HDD:50秒 SSD:38秒(24パーセント高速)

 

Just Cause 3 ゲーム読み込み HDD 41秒 SSD:34秒(17パーセント高速)

Just Cause 3 ステージ読み込み HDD 41秒 SSD:40秒(9パーセント高速)

 

タイタンフォール2 ゲーム読み込み HDD 45秒 SSD33秒 (27%高速)

タイタンフォール2 ステージ読み込み HDD44秒 SSD39秒(11パーセント高速)

 

次のことから平均20%程度ゲームのロード時間を拘束かすることが出来ることが分かりました。

もちろんSSDにNetflixやHuluのようなよくつかうアプリを置くことも良いでしょう。

 

seagate-game-drive-xboxssd-3[1]

 

買う価値はあるのか?

ここで結論です。 Xbox用のSeagate GameDrive SSDはゲームやステージの読み込みを減らすことが出来、なおかつコンソールの近くを綺麗に、美しい状態を保つことが出来ます。 友人が来ても恥ずかしくありません。

 

20%の高速化は多いと思わないかも知れませんが、場合によって10秒程度時間が早くなることを考えれば結構大きな違いと言えるでしょう。

速度の向上は単にゲームやアプリの起動時だけではないことも忘れてはいけません。 ゲームによってメニュー画面やムービーシーン、ステージやキャラクターの読み込みも高速化されます。

 

問題はドライブをどこに置くかで本体と一体化するわけではないので本体を動かしたときに宙づりなどにならないようにしましょう。

 

結局512GBのSSDに200ドルのお金を払うべきかどうかはあなた次第です。 

お金に余裕があれば高速な体験を楽しむことが出来ます。 どんな物でも言えますが、すべての人にフィットする商品はありません。

XboxOneにSSDストレージが使えるという選択肢があるだけでも嬉しいことです。

 

このSeagate game Drive 512 GB SSDは今のところ日本では販売されていませんが北米Amazonから追加送料23.16ドルで日本へも発送してくれるようです。 クレジットが使えるなら意外と簡単に購入できます。

→XboxOne専用 SSD

 

 

ソース:

http://www.windowscentral.com/review-seagate-game-drive-xbox-ssd

 

日本Amazonで代わりになりそうな商品

USB3.0の512GB 外付けSSDは日本だとトランセンドが出している物がAmazonでリリースされています。

Xbox用ではありませんがサイズ的にも近いので手軽に買いたいならこれもありかもしれません。

Transcend 外付けSSD 512GB USB3.0 MLC TS512GESD400K
トランセンド・ジャパン (2014-07-01)
売り上げランキング: 7,907

 

--

LINEで送る
Pocket

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-XboxOne, XboxOne:周辺機器
-, , , , , , ,

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.