XboxOne/Windows10 Games

Xbox One XのNative 4Kモードはライズオブザトゥームレイダーをプレイするベストな選択ではないかも?

更新日:

LINEで送る
Pocket

Xbox Oneの2015年の目玉タイトルとして発売されたRise of The Tomb Raiderは後にPS4 Proでも発売されましたが再びXbox One Xで最高のグラフィックスを手に入れて帰ってきます。

そんなRise of The Tomb RaiderですがEurogamerが興味深い情報を公開しています。

 

Euro GamerはXbox One X版Rise of The Tomb Raiderに搭載されているNative 4Kモード、ハイフレームレートモード、リッチ4Kモードの3つのグラフィックモードを試し検証した動画を公開しています。

Native 4Kモードでは確かに4Kディスプレイでは美しく見えるとのことですが、描画クオリティがかなり下がるとのこと。

しかしXbox One Xのパワーを解像度に振ることなく高品質なテクスチャを選択するオプションを選べばより綺麗な汚れの表現を見る事が出来ます。

 

 

 

ネイティブ4KではないゲームモードではXbox One Xの豊富なメモリにより、ほぼPCの最高設定と同品質の質感でプレイすることが出来るようです。

1080pの高フレームレートモードではPS4 Proの場合60fpsからドロップすることがあったシーンでも、殆どのシーンで60fpsになるとのこと。

正しGamescomのビルドではオリジナルのXbox Oneで実行されていた被写界深度の処理が何故か無効にされていたようです。

あくまでGamescomでのデモなので最終的に対応するかどうかは不明です。

Xbox One Xに対応するタイトルは130以上です。

過去に発売された名作、Doomやウィッチャー3、Titanfall 2、Forza Horizon 3のようなタイトルもハイクオリティになって帰ってきます。

その中でも特に力を入れられていると思われるRise of the Tomb RaiderのXbox One Xの最終的な対応がどのようなものになるのか、非常に楽しみなところではあります。

ソース:

http://www.eurogamer.net/articles/digitalfoundry-2017-rise-of-the-tomb-raider-full-xbox-one-x-analysis

 

Xbox One X Project Scorpio エディション (FMP-00015)
日本マイクロソフト (2017-11-07)
売り上げランキング: 1,054

--

LINEで送る
Pocket

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-XboxOne/Windows10 Games

Copyright© wpteq , 2017 AllRights Reserved.